キャッシングを利用出来る人について

急な出費などでお金が必要になった場合は、消費者金融や銀行などのキャッシングサービスの利用が便利です。各社ともWEBサイト上で申込み手続きが行えますので、日中忙しい方でも夜中など空いている時間に、いつでも申込み手続きを行うことが可能です。審査も非常にスピーディーですので、申込み当日に借入を利用することも可能です。
キャッシングを利用するには、一定の資力を必要とします。その為、職に就いていて毎月安定した収入が有ることが、キャッシングの利用条件となります。雇用形態による利用の可否は決められておりませんので、正規雇用の社員以外でも派遣社員やアルバイト、パート勤めなどの非正規雇用の方も借入を利用することが出来ます。また専業主婦の場合は、本人に収入が無くても配偶者である夫に安定した収入があれば、キャッシングを利用することが可能です。ただし利用可能額は30万円ほどに抑えられてしまいます。
専業主婦の方がキャッシングサービスを利用する場合は、出来るだけ銀行で融資を受けることが必要です。消費者金融の場合は、貸金業法の総量規制の対象となりますので、年収の3分の1以下までの金額しか融資を受けることが出来ません。その為、収入がゼロの専業主婦が借りられる金額も必然的にゼロとなってしまいます。配偶者貸付を利用すれば、消費者金融でも融資を受けることが可能ですが、実際に配偶者貸付を行っている消費者金融はあまり多くありません。一方、銀行の場合は総量規制の対象外ですので、配偶者である夫に安定した収入が有れば、利用出来るキャッシングサービスも数多くあります。
キャッシングの申込み手続きの際には、担保や保証人を用意する必要はありません。その代わり、貸金業者が指定する保証会社の保証を受けられることが利用の条件となります。キャッシング利用者が借入の返済が出来なくなった場合には、保証会社が貸金業者に対して代位弁済を行いますので、保証会社の保証を受けられない人でなければ、キャッシングを利用することは出来ません。