カードローンの大きな落とし穴

現在カードローンは消費者金融だけでなく銀行や信用金庫でも取り扱いされています。
詳しく言えば、ローン会社の商品を金融機関が介して提供していることになります。
カードローンは自動車ローンや住宅ローンに比べて非常に高いです。
高いものになると14.5%というものを聞いたことがあります。
そこで、カードローンのメリットとデメリットについて書きたいと思います。
メリットは、急にお金が必要になったとき、極度の範囲内であればすぐに借入することができるということです。
金融機関の方から、金利が高い商品は手続きも簡単ですぐに借入ができるが、逆に金利が低いものは手続きに時間も書類の数も要するということを聞きました。
なので、今すぐお金を借りたい場合でもATMさえ稼動している時間ならお金を借りることができる便利なものです。
また、借りてすぐに返済してしまえば、いくら高い金利でも日割り計算になるので、そこまで大きな負担にはならないとのことです。
次にデメリットは、金利が高いことです。
借入を行い、毎月の通常返済だけで完済させようとすると相当の年数がかかります。
と言うのも、金利が高い分、毎月返済していても半分以上は金利に取られてしまい、元金がなかなか減らないからです。
そこまでの仕組みを金融機関の方から説明を受けていればよいですが、そこまで納得しないまま、すぐにお金を借りれることだけ考えて利用していると、無駄に金利を払うことになってしまいます。
また、カードローンで延滞が発生した場合、金融機関は事務的に代位弁済の手続きを進めると話していたので、その点でも融通はききません。
そもそも延滞することじたい良いことではありませんが。
カードローンのメリットとデメリット、良い使い方を理解した上で利用する分には便利な商品だと思います。
また、他の自動車ローンや住宅ローンを組む時に金利減免を行う一つのツールとすることもできる金融機関も存在します。
カードローンは利用しなければ金利は発生しませんし、年会費などもかからないので、もしもの時の為に1枚だけ持っておくのも良いと思います。