カードローンとは

カードローンとは、クレジットカードを用いてATM等から現金を借りる方法です。
銀行から借りる方法の他、信販会社、クレジットカード会社から借りるもの、また、クレジットカードの機能の一部についてくるものがあります。
現金を借りられる貸し出し範囲はあらかじめ決められており、その範囲内で現金を借りることができます。
カードローンは厳格な審査が必要なものではなく、定職に就いており、安定した収入を持つ方なら誰でも申し込みが可能です。
また、審査も昔ほど時間がかからなくなってきている為、利用者も増えてきています。
カードローンの特徴として、現金の使い方が自由という点があげられます。
自動車ローンや教育ローンなどは現金の使い方が限定されていますが、カードローンは現金の使用用途が限定されていません。
しかし、現金の使用用途が限られていない代わりに、金利は自動車ローンや教育ローン等と比べて高めに設定されています。
そして、もう一つの特徴として、カードローンは貸し出し範囲の限度額内で何度でも借りたり返したりすることができることがあげられます。
返済方法としては、様々な方式がありますが、基本的には、あらかじめ決められた一定金額の返済額に基づいて返済を続ける「残高スライド定額リボルビング方式」という方法が主流となっています。
そして、毎月の返済を続けている限りは上記の通り、限度額内であれば何度でも引き出して使えます。
もちろん、カードローンを全く利用しなかったり、完済すれば返済は発生されなくなります。
以上のようにカードローンは便利なものですが、やはり借りているものである以上金利が発生し、使用した現金以上の返済をしなければなりません。
そのため、借りすぎには注意して、計画的な返済計画を立てて、金銭トラブルにならないよう気を付ける必要があります。
万が一の資金不足に対する備えと考え、カードローンの利用のし過ぎには十分注意すればとても便利なので、カードローンのメリットを生かしながら利用するとよいと思います。